>

労働保険事務組合制度

労働保険事務組合とは?

労働保険事務組合とは、事業主に代わって労働保険への加入手続、保険料の申告・納付及び雇用保険の被保険者に関する手続きなどを行う認可をうけた事業主団体です。
事務組合に労働保険を委託することで、煩雑でわかりづらい労働保険の事務処理を任せることができます。
当事務所には、労働保険事務組合 金沢中小企業者協会があります!

Q&A

労働保険事務組合に加入できる中小事業主の範囲を教えてください。

業種によって異なります。
金融、保険、不動産、小売業・・・常時使用労働者50人以下
卸売、サービス・・・常時使用労働者100人以下
その他の事業・・・常時使用労働者300人以下

事務組合に加入するメリットは何ですか?

大きく二つあります。
まず一つが、本来労災保険の対象外である社長さんや個人事業主等の皆さんも、特別に加入することができます。(従業員を同じように仕事をされている等の一定の条件はあります。)特別加入には、中小企業、一人親方、海外派遣、特定作業従事者を対象にしたものがあります。
もう一つは、労働保険の保険料を金額にかかわらず、最大3期に分けて納付することができる点です。
ご興味のある方は、当事務所までご連絡ください。

お電話でのお問い合せ

076-241-2573

インターネットでのお問い合せ

お問い合せページ

ページの先頭へ