>

労使トラブル相談

労働相談が増えています!!

最近のインターネット、スマートフォンの普及により、労働者が様々な情報、知識を得て、時として過剰な権利意識を持って、会社に遠慮なく要求を突きつけてくる場合があります。
労使トラブルに発展した場合には、膨大な費用を支払う必要や信用の失墜を招く恐れがあります。
当事務所は、経営側の立場に立って労使トラブルの予防から対策までアドバイス致します!

Q&A

どのような相談が多いですか?

未払い残業の問題が多いですね。その他にもうつ病などのメンタルヘルスの問題も頻繁に相談があります。
ただ、その内容は状況や業種などによって様々ですし、対応もケースバイケースです。どこにでもある問題だと軽く考えず、小さい問題が会社全体の問題になる前に解決してしまいましょう。

労使トラブルを防ぐにはどうしたらよいですか?

まずは、労使トラブルを起こさせないような組織作り、いわゆる労務コンプライアンスの確立をすることです。具体的には、決めるべきことをしっかり決め、届け出るべきものを届け出ておき、従業員に周知(※)させておくということになります。
例えば就業規則ですね。その会社、その会社に合わせてトラブルになりかねないところを明確に定めておくことでリスクを回避することができます。
当事務所では、その他にも備えておくべきこと、気をつけるべきことを包括的にアドバイスさせていただきます。

(※)就業規則を周知させていない場合は無効です。

お電話でのお問い合せ

076-241-2573

インターネットでのお問い合せ

お問い合せページ

ページの先頭へ